抑制クリームも良いけど

こんにちは。
きのうから、友人に誘われ乗馬クラブにはいりました。
久しぶりということもあり、気持ちと体がバラバラです。
慣れるまでは、少し時間が必要な様相です。
マメ知識を紹介します。
人から聞いた話だけど 3月5日は 巫女の日だそうです。
3月5日→3・5→みこ(巫女)の語呂合わせから生まれたネット上でのイベントで 主に巫女を題材の中心とする絵師がその日に合わせてイラストを発表するということらしいです。
尚 “巫女の日”の名称を巡ってはある者が商標登録をしたことを発端とした騒ぎがあったらしい。
エステ・美容・コスメ(肌トラブル,アトピー)記事を紹介します。
当たり前ですが、肌表面の汚れを落とし、きれいな状態で行うことがムダ毛処理のポイントです。
脱毛処理後は、清潔を第一に維持しつつ、抑制クリームなどを使うといいでしょう。
昔ながらの毛抜きを使って1本1本ムダ毛を抜いていくことは肌への影響は大きいと言われています。
肌に負担がかかる理由は、ムダ毛処理後の肌トラブルを引き起こす要素が、他の方法と比べて多いからです。
毛抜きで抜くと皮膚が切れてしまったり、肌トラブルを引き起こすことがあります。
また、成長期の毛を引き抜くことで毛穴が広がります、よって1つの毛穴から2~3本の毛が生えてくることもあります。
同時に再生された毛が表皮の内側に埋没したままで、化膿の原因になることもあります。
また、肌への負担が多いのがカミソリなどで剃る処理です。
カミソリでムダ毛を処理することは、特にテクニックがなくても手早く無痛でできます。
人の皮膚は薄く、カミソリでムダ毛だけを剃ったつもりでも皮膚の一部もそれています。
その結果、皮膚がカミソリ負けを起こす場合があります。
よって、肌の炎症や腫れ、ひりつき、などの肌トラブルが、カミソリ負けによって起きうるものといえます。